ニューハーフとして生きるための風俗

僕、いえ私は念願だった手術をして玉と竿を除去し完全な女の子のニューハーフとして生きていく決意をしました。幸いにも両親はテレビで活躍しているニューハーフを見て免疫があったため、胸が膨らみ化粧をした私の姿を見ても優しく迎え入れてくれました。しかし、そうした両親たちに甘えて実家に留まり続けても良かったのですが、周囲の目は厳しく街を歩けばヒソヒソ噂話をされるような生活に私はもう耐えることができず、両親にも迷惑がかかると思い、ニューハーフの本場である新宿2丁目への引っ越しを決めました。引っ越してきて思ったことは本当にニューハーフの街として栄えており、すぐに私のような新参者でもこの街は暖かく迎えてくれました。
みんなの優しさに感動した私でしたが仕事をしなければ生活することができません。しかし私はありのままの自分でいたいと願い、ニューハーフの姿で働きたかったので一般の職場では働くことが難しいと判断したため、ショーパブやゲイバーなどで職を探しました。しかし、テレビの影響で2丁目にはニューハーフが集まりすぎて飽和状態であったため私が働ける隙はもうどこにもなかったのです。今後どうすべきか悩んだ私に2丁目の仲間たちは風俗で働くことを勧めてきました。風俗というと女性が男性に性行為をサービスするお店であり、私なんかが働けるはずがないと言って拒んだのですが、なぜかみんなは一斉に笑い始めました。なぜ笑っていたのか、理由を問い詰めると女を愛する男がいるように、ニューハーフを愛してくれる男もいるためニューハーフ専門の風俗店があるという衝撃の事実が判明したのです。しかも噂によるとそういったニューハーフ専門のお店はおじさんほど利用する勇気がないので、若い男の子が多くカップルとなってしまうケースも後を絶たないそうです。その話を聞いた私は、男日照りが長かった影響もあって風俗で働くことしか考えられませんでした。
早速仲間に2丁目でニューハーフ専門の風俗店をやっているお店を教えてもらうと、私は電話でアポをとり面接へとやってきました。生きるためにお金を稼がなければならない、という気持ちが私を焦らせていたのかもしれません。仲間に話を聞いた翌日に店長による面接を受けた私はすぐに体験入店をする運びとなりました。いったいどんな人が来るのか、どんなことを要求してくるのか、私は期待と不安を胸にサービスを提供するホテルへと移動を開始しました。
部屋の前に着き深呼吸をして部屋の扉をノックすると中から現れたのは、どこにでもいるような普通の大学生でした。変な人じゃないことに安堵した私は早速会話で雰囲気を作り始めました。まるで恋人のようにお互いの事を話し合い、わかったことは大学生が罰ゲームとしてニューハーフ風俗を利用しているということ、実はもっとおじさんのニューハーフが来るのではないかとドキドキしていたこと、私のように綺麗な人が来て安心だということ、彼女がいないということが判明しました。褒められた上に彼女がいないこともわかって一気にテンションが高まった私は早速サービスを開始しました。キスやおっぱいを触ってもらい、雰囲気を作ると身体洗いとうがい目的にシャワー室へと移動を開始しました。男の子はもう私の事をニューハーフではなく女としてみるようになったようで、脱がしあいっこ洗いっこをして楽しみました。どっちのアナルに挿入するかはMな大学生の希望で男の子のアナルに入れることとなったので、浣腸を施し、念入りにアナルの近辺を丁寧に洗いました。自分から言い始めた割にはアナルが何度もヒクヒクしていたのを見る限り初めてのアナルみたいで何だか可愛かったです。

福島の風俗バイトに行く?

ニューハーフ風俗と未経験者

私は今とあるラブホテルの一室にいます。目的は風俗を利用するためなので、一人こうして女の子の到着を待っているのですが今日はいつもの風俗と違ってとても緊張しています。なぜなら私が今日利用しようと思っている風俗はニューハーフの人しかいないお店だからです。
そんなわけで普段よりも緊張して女の子の到着を待っているのですが、なぜ私がニューハーフの風俗を利用することになったのか、それは昨日の夜に理由があります。
昨日の夜、私は彼女と二人っきりで過ごしていました。彼女は私に対して束縛が激しく常に監視されていました。昨日も例外ではなく彼女の家で携帯電話を始め身体検査を実施された末に、ようやく家に入る許可を得ることができました。そこまでは良かったのですが、最近のテレビではニューハーフと言っても女性よりも綺麗なニューハーフがゴロゴロいます。そのうちの一人が水着を着て海ではしゃいでいる映像を見て思わず勃起してしまったのです。常に僕を観察している彼女が僕の異変に気が付かないはずがありませんでした。ズボンのふくらみに気が付いた彼女は私に詰め寄ってきました。幸いにも彼女が密着していたため、彼女の匂いが良すぎるため無意識のうちに勃起してしまったということを伝えたのですが、彼女は疑いの目を晴らしてはくれませんでした。
しびれを切らした私はニューハーフ風俗に行って興味がないことを証明してくると告げて、風俗を利用することになったのです。どうやって興味がないことを証明するのかは、私の脈拍の推移で判断することになりました。ある一定の数値を超えると彼女の携帯に知らされるという仕組みです。手首に巻き付いている測定装置を取り外してしまおうかと考えましたが、私もよっぽど綺麗なニューハーフでなければ興奮するはずがないと思い直して、どしっと構えてニューハーフの到着を待ちました。
そうこうしている内に、玄関のドアがノックされて私は平常心を心掛けて扉を開きました。すると扉を開けてみて私は自分の目を疑いました。どこからどう見ても本物の女の子にしか見えないニューハーフが立っていたのです。ぼーっと見つめていると無意識のうちにズボンが膨らみ始めたので、慌てて目の前の女の子にはペニスがあるということを想像して萎えさせました。再び通常状態に戻った私は、ニューハーフを部屋へと招き入れました。
今のところは彼女から着信がないので、脈拍が一定値を超えたという心配はなさそうです。幸いにもニューハーフは元男特有のだみ声をしているため、声で興奮を覚えることはなさそうなので安心しました。ニューハーフと話していると、早速シャワーで身体を洗うことになったのです。シャワーではニューハーフの女の子のようなおっぱいに一瞬興奮しましたが、すぐに下についているモノを見て興奮が止みました。しかし、見ているだけでは萎えていたのですが、シャワーを浴びている中で身体をニューハーフが洗ってくれることになり、おっぱいだけではなくペニスを使って私の身体を洗い始めたとき、今まで味わったことのない快感が私へ襲い掛かってきたのです。ニューハーフのペニスは小さくなっていたのですが、それだけに勃起前の柔らかさを維持しているため、おっぱいとペニス、二種類の柔らかさを私は堪能することになったのです。その気持ちよさは格別で私が必死に抑えようとしても勃起が収まることはありませんでした。それどころか私のペニスが固くなったことを確認したニューハーフはその場でフェ〇チオを開始してお風呂場で一発イカせようとしたのです。そのフェ〇チオも元男だからこそわかるツボを的確に押さえており、私はたちまちイッてしまったのです。放心状態の中、部屋にある私のケータイの着信音が鳴り響いているのが聞こえていました。

ニューハーフ風俗に手を出す新人

ニューハーフ。それは男が女の子になりたいと願い続けて努力した姿。だからニューハーフの根本は男である。
目の前で飲んでいる会社の新入社員は、いわば男がサービスする風俗へと行ったと言っているようなものだ。しかし、新人は自分がゲイではないと頑なに主張している。それどころかニューハーフを男と捉えている私の考えが古いとまで言ってきていた。さすがに考えが古いと言われた私も黙っているわけにもいかなかったので、ニューハーフではなく生まれたときから女の子である人が提供するソープやデリヘル、ピンサロなどのサービスがいかに優れているのかを熱く語った。ニューハーフ風俗しか行かないと言っていた新人も初めこそ興味のないフリをしながら聞いていたのだが、3Pでの二穴同時責めには興味をそそられたようで凄い食いつきをみせていた。
しかし、単純に女の子の風俗で3Pもしくは自分一人で二穴同時責めを体験したくて食いついていたのかと思えばそうではないらしい。なんと新人はニューハーフを二人呼び逆3Pをすることで2穴同時責めを実行しようとしていたのだ。風俗歴ベテランの私もさすがにその考えを聞いて引いていた。アナルとマ〇コの二つへ同時に挿入することによって女の子が得たこともない快感を得ることができヒイヒイ言わせられるのが、メリットだったのだが新人はアナルを幼少期の頃誰もがやったであろう「♪どちらにしようかな~」のおまじないを使って交互に挿入することで自分が楽しむつもりだそうだ。こいつ…どこまでアナルが好きなんだ…と軽く身震いしていると、新人はそんな私の反応を見てアナルについて熱く次のような事を語り始めた。
‐‐僕がアナルの気持ちよさに気が付いたのは今から3年前の事です。当時普通の風俗へと通っていた僕は大学の友達と飲んだ勢いでSMクラブへと行くことになりました。僕はMであることを自覚していましたが、SMクラブにはいまだ手を出せていませんでした。理由は女王様にこちらの要望を無視されて無茶苦茶にされてしまうという恐れがあったからです。しかしお店のHPに要望以上の事は致しませんと記載されていたのを見た僕は安心して、里香女王様という女の子を指名しました。僕がソフトに責められたいという願望をお店の受付に伝えると、里香女王様を指名してきたのですっかり安心していました。お店の説明によるとアンケートを女王様に提出すると言われて記入を済ませて、部屋へと向かいました。部屋で会った女王様にしっかりとソフトなことがしたい旨のアンケートを提出したのですが、アンケートはチラ見されるとそのままビリビリに破かれてしまいました。僕は唖然としたのですが同時に快感でもありました。ゾクゾクしながら女王様の次の一手を待っていたのですが、女王様はベッドに座って雑誌を読み始めてしまったのです。焦った僕が女王様に話しかけると女王様が放置プレイを開始した理由がわかりました。アンケートに書いたやれるプレイの幅が狭すぎるということだったのです。僕は汚くないことなら何でもいいですと告げるとようやくサービスを開始しました。言葉責めや乳首責めなどでたちまち僕は罵られて気持ちよくなっていたのですが、アナルに指を突っ込まれながら手コキされたとき衝撃を受けました。こんなに気持ちの良い場所があるのかと思いながら僕はあっという間にイカされてしまったのです。お返しに女王様のアナルを弄ってあげようと手を伸ばしたのですが拒否されてしまいました。どうやら女の子はマ〇コも存在しているためにアナルを触られることに抵抗があるようです。その時です、僕がだったら穴が一つしかないニューハーフならアナルの気持ちよさを共有できるのではないかと気が付いたのは。その日から僕のニューハーフ風俗暮らしが始まったのです。